ブログ

根っこ治療の終了条件

 

 

根っこの治療の終了条件は

 

歯をたたいて痛く無い

根っこの中から血、膿が出た形跡がない

噛める

etcです。

 

 

 

この状態になっているということは

根っこの炎症が治っていることが推測されます。

 

根っこの治療は根っこが化膿していて

自発痛(じっとしていても痛い)

打診痛 咬合痛(たたくと、強く圧力がかかると痛い)

があります。

 

この痛みがあるということは炎症があることが推測され

この炎症を引かせることが目的になります。

 

 

 

仮にたたいて痛くないけど根っこの中を拭くと出血がある

ということがあります。

この状態は強くない炎症があることを意味しています。

 

この状態で根っこ治療を終了してしまうと

中で血がたまり後々痛みの原因になることがあり

また

痛い歯になってしまうことがあります。

 

 

なので

根っこの治療終了するためには

終了時にはほぼ治っている必要があります。

 

最後にトドメの薬を入れますが

これは治す為というよりは最近繁殖を防ぐのが

主目的となります。

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック