ブログ

顔の半分が痛い、噛むと痛い、ずっと痛い

顔の半分が痛い

神経症状  → 原因:むし歯、歯の欠けetc

 

 

噛むと痛い

根っこの可能→ 原因;神経をとった歯の再発、神経が死んでいるetc

 

大雑把に分けるとこれが原因です。

 

ただ

 

時々この2つが同時に起こることがあります。

 

神経が痛いと広範囲に痛みを感じます。

 

 

 

神経が痛いと頭痛がすることがあります。

 

 

 

神経が痛いと痛みどめが効くことがあります。

神経が痛いと抗生剤は効きません

 

 

 

神経が痛いとリラックスすると痛みが増強することが多いです。

 

 

 

神経が痛いと神経を取るか、無効化しないと痛みは取れません。

 

根が化膿していれば抗生剤で緩和させることができます。

 

根が化膿していればここが痛いと指させます

 

根が化膿していれば冷たいもので痛みが緩和します。

 

根が化膿していれば歯が揺れます。

 

根が化膿していれば膿を出せば急に楽になります。

 

etc

このような症状が合わせて出てきます。

どれかが強く出てどれかが弱く出たり等

バリエーションがあり全てが必ず症状として出るとは限りません。

 

 

根が化膿していると麻酔が効きにくくなります。

麻酔が効きにくいと、神経取る時痛いです。

 

根が化膿していると根の周囲が酸性に傾きます。

麻酔はアルカリ性でよく効きます。

化膿の酸、麻酔のアルカリで中和され

中和されると麻酔が効きにくいです。

 

神経の痛みと根の化膿が併発していると

歯に穴を開け

穴が神経に達しと時湧き出るように血が出ます。

 

 

神経がほぼ死んでいて化膿が著しい場合は

湧き出るように膿が出ます。

 

 

 

状態とするとかなりきつい状態です。

 

早期痛みの改善もありますが

かなかな痛みが引かない事もあり

厄介な状態です。

 

大船 駅 歯科 歯医者 くり歯科クリニック