ブログ

銀歯を入れたあとのしみ

銀歯を入れる為の

 

形作りの際基本的には麻酔を

 

使います。

 

理由は簡単で削るとしみるからです。

 

歯は表面的に削っても

 

しみる事はほとんどありません。

 

歯の表面には神経がかよって

 

いないからです。

 

ですが

 

歯の深い部分は神経が通っており

 

削ったり

冷たい水など

擦れ

 

でしみます。

 

銀歯は金属で熱の伝わりが良く

 

銀歯を入れたあともしばらくしみる

 

ことがありますが

 

冷たい水などでしみるように

 

冷たい物が口の中に入り

 

金属が冷えるのでしみます。

 

 

 

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック