ブログ

詰め物が入っているのにむし歯

詰め物は

 

銀歯

レジン(樹脂)

セラミック

etc

があります。

 

詰め物処置は永久処置ではありません。

 

言い換えると

再度むし歯になるということです。

最初の初期むし歯、詰め物からの再度の初期むし歯

は成り立ちが同じだそうです

イングランド, 水, 反射, 家, 行, アーキテクチャ, 全て同じ, クッキー カッター

 

要は

 

最初のむし歯を治しても

むし歯になる

 

環境

 

条件

 

をずらさないと

再度むし歯になるということです。

 

一方

 

歯と異物(詰め物)が接着剤にてくっつけられています。

長期に使用したり、歯ぎしり、食いしばりがあると

歯がすり減ります。

すり減る際

 

 

例えば

歯と樹脂

歯と銀歯

歯とセラミック

 

すり減りが均一ではなく

すり減りにギャップが出ます。

そうすると

 

歯と詰め物の際目にギャップができ

この時先ほどのむし歯の成り立ちの

環境や条件が揃うと

再度むし歯になります。

その際むし歯は

詰め物に沿って深くまで早期に進行でき

神経まで達することも多いです。

辺縁漏洩と言われます。

 

詰め物

特に

樹脂(レジン)については

欠け、すり減りについて定期的なメンテナンスが

望まれます。

 

大船 駅 歯科 歯医者 くり歯科クリニック