ブログ

神経を取る時できるだけ小さな穴を開けます

むし歯菌が神経に及んでしまった場合

できる限り小さな穴を開けます。

むし歯で歯が大きく欠けてしまった場合などは

こうはいきませんが

歯が欠ける前に発見できれば

小さく穴を開けそこから神経を取ります。

神経処置が十分にできた後

通常であればその歯は差し歯にすることが

多いです。

ですが小さな穴であればそこに補強材を入れ

修復することができます。

また、小さな穴を開けるのであれば

たくさんの歯質が残り強度的にも問題が

ありません。

長期的視点で見るといずれ歯が破折してしまう

ことも考えられますが

差し歯の際は

往々にして根っこが破折してしまい抜歯に

なることが多いですが

小さな穴の場合は往々にして歯肉あたりで

破折するので再度処置し歯を戻すことが

できる可能性は高くなります。

ご参考までに

他のカテゴリーもどうぞ

神経処置

根の治療

鎌倉市 大船 歯科 歯医者 くり歯科クリニック