ブログ

神経の痛み

 

 

むし歯になると神経がが痛みます。

神経の痛みの特徴は部位が広いということです。

 

場合によっては右、左という様な痛みを示します。

口の中、むし歯を目視しレントゲンを取り判断します。

 

場合によっては麻酔をかけおおよそ原因と思われる場所を麻痺させ

判断します。

麻酔診と言われます。

 

 

 

神経症状は難しく

特に

特に

特に

隣り合う歯が似た様にむし歯にやられていると

正直わかりません。

 

サイコロを転がす様な感じです。

 

 

両方とも神経をとる必要があることは十分にわかりますが

今回どちらをとるべきか

この痛みをとるにはどちらを先に処置すべきか

本当に悩みます。

 

両方とれば万事解決ですが

神経を取られる側としては

大変です。

 

神経をられる側はただでさえ大変なのに

2つ同時に

さらに

奥歯であれば大変です。

 

2本の歯であれば

下の場合、おおよそ5本

上の場合、おおよそ6本

の神経があります。

 

時間かかります。。。

 

顎が痛いです。

 

 

さらに奥、特に下の歯は

骨が厚く

麻酔が効きにくく

器具も入りにくいです。

 

いいことありません。

 

むし歯は早く

神経取らなければならない場合も早期に処置した方が

痛みが少なく良いのではないかと思います。

 

本当に神経は難しいです。

 

生活リズム

行きたくないという気持ち

むし歯で痛い部位

etc

により状態は変わります。

 

むし歯が痛い場合

歯医者行きたくないですよね?

自分だったら。。。。。。。

行きたくないです。。。。笑

 

ただ

 

むし歯の厄介なところは

場合により

むし歯の痛みが

 

消えることがあり

あ〜治ったなどと思うこともあります。

 

これが厄介で

次に強い痛みが発生することがあり

この場合麻酔が効きにくく

きついです。

 

歯の、むし歯の状態

行きたくないという気持ち

パッと痛みが引く瞬間があるなど

結構厄介です。

痛い場合も

風邪等により

たまたま

痛いこともあり歯の痛みは本当に厄介です。

 

行きたくないから

痛みがなくなることを願います。

 

真理です。

 

人の心と現実と実態

 

なかなか一致しないのも事実です。

 

う〜ん、ホント難しいです。

 

哲学などと行ったら大げさでしょか笑

 

くり歯科クリニック