ブログ

知覚過敏とむし歯。。。同じシミるです

 

知覚過敏でもむし歯でも

しみる

という神経の反応は同じです。

 

知覚過敏でしみる〜

むし歯でしみる〜

両方共しみるという神経の反応は同じです。

 

異常反応あり

神経反応

しみる

 

知覚過敏の異常反応は

根っこが露出し本来冷たい、触られているという

通常反応を強く感じすぎてシミます

 

イメージは転んで怪我した時のお風呂です

本来であれば暖かい、熱いなど感じますが

皮膚が破れていることで

バリアが痛んでしまい

暖かい、熱いを痛みと感じます。

 

 

むし歯の異常反応は

神経自体が過敏になり通常の刺激をしみると感じてしまいます。

イメージはおばけですかね😄

暗いと怖い、怖いと思ってしまい過剰に反応してしまいます。

明るいお化け屋敷は怖くないけど

暗いという状態が本来ただの音や風景を

怖いと誤認してしまいます。

音も風景も変わらず

変わったのは怖いと思う自分です。

幽霊の正体見たり枯れ尾花ですね笑

 

 

この例で例えると

傷があり、お湯が痛い

暗くて怖いと自分が思うから枯れ尾花が幽霊に見える

この反応異常を神経に当てはめると

しみるになります。

理由はともあれ異常反応をシミると反応するのが神経です。

なので

シミると一言で言っても原因の追求と原因への反応が変わります。

皮膚の様に傷を作り構造的に問題があれば構造に

怖いと思う気持ちに問題があれば気持ちへの

対応が必要です

知覚過敏はコーティングや樹脂を貼る

→壊れた構造を保護

むし歯の場合は神経の鎮静化

→怖いと思う気持ちを追い払う

歯も同じです。

追記

神経の場合神経に細菌感染があると鎮静化は効果がないので

神経処置となります

 

くり歯科クリニック