ブログ

深いむし歯の処置の一例

くり歯科クリニック

 

むし歯を見つけます。

 

 

 

 

深いむし歯の場合はレントゲンをとり深さを確認します。

麻酔をかけます。

むし歯が染まる着色剤(検知液)を塗ります。

 

 

 

キーンという歯医者独特の嫌な音のする機械で歯の白いところ(エナメル質)を削り

薄いところ

尖っているところ

中が削りやすい様に

穴を調整します。

この機械はよく歯が削れます。

 

 

 

エナメル質を削り形の調整ができたら

中の黄土色部(象牙質)にむし歯菌が感染し

グズグズになっている部分を削りむし歯を取ります。

この機械は重く響きますが

むし歯菌に感染した柔らかい象牙質以外あまりけずることができず

削る量を最小に抑えられます。

 

比較的安全な機械ですが

むし歯が神経に近い場合は

神経に穴が開かないか緊張します。

レントゲンでおおよその検討はついていますが

レントゲンで写ってくるのは神経の大きな部分のみで

細い神経については写ってこないので

実際削ってみて初めてわかる部分もあります。

レントゲンでダメかなと思っても時間をかけ丁寧にむし歯を除去すると

以外と神経を触らずに済んだり

その逆もあります。

 

 

 

むし歯取りきり後

乾燥させ接着剤を塗ります。

 

 

 

青い光をあて接着剤を固めます。

 

 

 

歯と似た様な色の樹脂(レジン)を詰めて

青い光を当ててレジンを固めます。

 

 

 

この後

形の調整

噛み合わせ調整

磨きをかけ

終了です。

 

レジンでの処置後

理想的には

定期的に観察し

痛んだレジン部の補修が必要です。

こうすることにより

長期的に安定します。

レジンは良い材料ですが

欠けたり、すり減ったり

辺縁漏洩を起こし

レジンが持たなくなることもあります。

詳しくは辺縁漏洩詰め物が入っているのにむし歯)をご覧ください。

 

くり歯科クリニック