ブログ

歯の際部分の欠け

歯の際部分に欠けが生じることがあります。

歯の表面はエナメル質に覆われていますが

その表面が剥離してしまうことがあります。

剥離すると中から象牙質が出てきます。

この象牙質むし歯になりやすいです。

むし歯の初期はまずむし歯菌の出す酸で

歯の表面が荒らされることから始まります。

荒らされることなくいきなり

むし歯ということはありません。

むし歯になるには歯の表面の荒れが必要

です。

表面が荒れるには酸で歯が溶ける必要が

ありますが

エナメル質はp H5.5で溶け始めますが

象牙質はpH6.4で溶け始めます。

口腔内は基本的に中性付近にあります。

食事をすると必ず口腔内は酸性に傾きますが

その際溶けやすいのが象牙質です。

なのでこの象牙質が露出してしまった場合は

フッ素により歯質を強化しむし歯予防が

必要です。

また昨今マスク生活も長くなり

口腔内が乾きやすくなっていいます

口腔内の渇きはよりむし歯になりやすく

なります。

際の欠けは今まで異常に要注意です。

ご参考までに

他のカテゴリーもどうぞ

むし歯

予防

鎌倉市 大船 歯科 歯医者 くり歯科クリニック