ブログ

歯の見た目

歯の見た目が気になることは

ありますか?

 

 

 

 

気になる場合

 

歯の大きさですか?

 

歯並びですか?

 

歯の見え方ですか?

 

歯の形ですか?

 

歯の色ですか?

 

歯の際の歯肉の位置、形ですか?

etc

 

 

様々あると思います

 

 

解決方法

 

 

・矯正する

 

 

 

 

・被せ物で変える

 

 

 

 

歯の角のなどを削り形を変える

 

 

 

 

レジンという樹脂を貼って形を変える(ダイレクトボンディング)

 

 

参照→

白い詰め物 レジン

などの方法があります。

 

 

今回は被せ物での改善できること、改善法を簡単に

ご紹介します。

 

 

改善できること

 

歯の形

歯の色

歯並び(ある程度制限あり)

歯の見え方、口元の印象(骨格的印象は変わりません)

噛み合わせ

 

・歯の形について

 

これは歯並びと少しリンクするところもありますが

歯を四角くする

卵型にする

歯にくびれを作る

など自由です。

矯正とリンクするところは

噛み合わせの兼ね合いで

取りたい方形を噛み合わせの相手の形、歯並びが

自由な形を許さなかったり

歯のサイズが小さく尚、歯が重なっている場合は

スペースがなく歯のサイズを自由にさせないことがあります。

 

 

・歯の色について

歯の色は自由に決められ、特に制限もかかりません。

 

歯並びについて

歯並びについては制限はかかりますがある程度

変更可能です。

ただ、歯並びを変える際は被せる歯が多くなる傾向にあり、

また、場合によっては神経を抜く処置が必要となります。

強く上顎の歯が出ていたり

受け口が強すぎる場合などは思うような改善が見込めないこともあります。

参照→

反対咬合(受け口)の作られ方

 

歯並びはきつく混み合っている場合も歯並び改善には抜歯を伴うこともあります。

参照→

顎の育成と歯並びと食材

 

 

・歯の見え方、口元の印象について(骨格的印象は変わりません)

 

 

 

歯の見え方は軽く口を開けた時どんな感じで白い歯がのそくようにする

 

 

 

口を軽く開けた時、歯がどう見えるか

 

 

 

鼻の下の部分の膨らみの調整

 

場合によっては口元のシワを改善できることもありますが

これば必ずではなく、バランスを取っていると

結果としてシワも改善したという場合がほとんどです。

 

 

・噛み合わせについて

 

 

 

これも矯正、歯並びにリンクすることですが

前歯の噛み合わせ

歯が傾いていて噛めないはを噛めるようにする

などがありますが

こちらの処置も場合によっては神経を取っての処置

になることもあります。

 

大船 駅の歯科 歯医者 くり歯科クリニック