ブログ

揺れている歯を抜かずに残す方法

歯がグラグラしていると

食べにくかったり

噛むと痛い等の状態になります。

歯が長いと大きく揺れますが

短くすれば歯の揺れを抑えることができ

比較的快適になります。

歯を短くした後は

歯を保護し入れ歯を入れます。

この状態で歯を残すメリットは

歯があれば顎の骨の土手部分を維持することができます。

歯がなくなると土手部分は役目を終えしぼんでしまいますが

歯があれば土手はなくなりません。

土手があれば入れ歯も安定させることができ

また

根面板があれば入れ歯を支えることができ

噛んだ時の感覚も自身の歯と比較的近い状態に

なります。

 

くり歯科クリニック