ブログ

反対咬合(受け口)の作られ方

下顎が前に出てしまっている状態を

受け口、反対咬合といいます。

 

イースター島、ラパヌイ、モアイ、像、彫刻、チリ

 

 

遺伝的に反対咬合になる事も

ありますが

 

 

ほとんどの場合

幼少期の癖により作られます。

 

 

反対咬合の原因となる癖は

正しくないうがい

泣く時の顎の癖

顎を前に出したりする顎遊び

 

など

です。

 

 

なので反対咬合は作られてしまう

場合が多いです。

 

出来れば4,5歳までには治したい

ところです。

 

また

 

放置しておいても自然に治る事もあります。

 

歯の先端が合わせられなくなったら

積極的に改善をはかるのが良いと

思われます。

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック