ブログ

レジン(白い樹脂詰め物)と銀歯で悩みます

むし歯治療での悩むところは

くするか

にするか

だと思います。

レジンと銀歯ではその性格が違います

各々利点欠点があり

歯の状態

残った歯

噛み合わせ

残った歯の数

etc

により最適なものが変わります。

小さなむし歯

噛み合わせの負荷が大きく掛からない

残った歯が全て歯肉の上にある場合

etc

この様な場合はレジンが第一選択肢になります。

反対に

むし歯が大きい

噛み合わせの負荷が大きく掛かる

残った歯が歯肉ギリギリ

etc

この様な場合は銀歯になります。

レジンの利点は

白く歯と似た様な色になる

1回で終わる

歯を削る量が銀歯より少ない

etc

銀歯の利点は

強度がレジンより優れている

銀歯周囲からの再度のむしばリスクが樹脂に比べて少ない

etc

レジンの欠点は

むし歯の状態により不得意な形がある

すり減りやすい

レジン周囲が欠けやすい

etc

銀歯の欠点は

規定の形がある為歯を削る量が多い

削る、型取りと銀歯装着と2回かかる

etc

なので何で治すかではなく

状態による選択が重要で

目的は可能な限り元の歯に近く治すことで

レジンや銀歯は手段です。

手段を目的にすると本末転倒になってしまうこともあります。

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック