ブログ

ブラッシングの効果と頻度

顎の骨が下がらないようにするために

どのくらい歯垢を除去すれば良いかという定義はありません。

むし歯、歯周病に対する予防として大事なのは

 

高頻度なブラッシングではなく質が大事だということがわかっています。

 

 

一応

昔のデータを参考にすると

ブラシと歯間ブラシの歯磨きが1日1回でも2日に1回でも

歯肉炎の進行を防げたというのがありますが

あくまで実験的データであり

実際はなかなか難しいようです。

 

日常で歯磨きを行う場合は最低1日1回は歯磨きを行うべきで

歯肉が腫れている場合は歯垢がたまりやすということがわかっています。

要は

歯周病で歯肉が腫れると汚れがたまりやすく悪循環を招くということです。

最後に面白いデータがあります。

自身に当てはまるかチェックしてみると良いかと思います。

 

 

 

ご自身の歯磨き時間はどのくらいですか?

 

thinking time………

 

⌛︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成人平均は30〜60秒だそうです。

さらに

体感的にはもっと長く磨いていると思っているようです。

 

 

は〜って感じた方は時間は十分だと思います笑

 

むし歯予防だけを見た場合

適量で適切なフッ素濃度の歯磨き粉を使い

2〜3分身が必要です。

やっぱり平均時間は短いですね。

 

時間が解決することはやはりあるようです。

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック