ブログ

フッ素歯と歯垢(プラーク)への作用

フッ素が口の中に入ると

歯とプラークへ作用します。

歯への作用

→歯の表面であるエナメル質の結晶に作用し

 結晶性の改善

 歯の表面のフルオロキシアパタイトの生成

 再石灰化の促進

 以上の作用により

 歯質強化、むし歯菌の出す酸への耐酸性向上が行われ

 むし歯抵抗性が向上します

 

プラークへの作用

→細菌・酵素作用の抑制が行われむし歯抵抗性が向上します。

 

フッ素の予防については

フッ素塗布

フッ素洗口

フッ素入り歯磨き粉

があります。

各々特な作用があり

フッ素塗布はエナメル質の結晶改善効果が高く

フッ素洗口、フッ素入り歯磨き粉は歯の再石灰化に効果が高い

です。

フッ素については単独で使用するより

複合的に使用すると効果がより大きくなります。

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック