ブログ

グラグラだけど落ち着いている歯が痛くなる時は❓歯が浮いている?

グラグラしていても安定している歯が痛くなる、浮く感じがする時

それは

 

歯がグラグラしているスペースに細菌が増殖した時です。

 

増殖するためには餌が必要です。

 

いつもは餌の量と細菌と体の抵抗力が

ここでも

バランスがとれているので安定しています。

 

でも

餌の量が増えたり

体の抵抗力が低下して

このバランスが崩れると細菌が増殖し

痛みが出たり

浮いた感じがしたり

膿が出たりします。

 

体は37℃弱の温度があり細菌にとっては

住み心地がよく良質な培養機となります。

 

 

 

この様な状態の時

 

抗生物質を飲むと細菌が減少し

 

 

洗浄し洗い流すと餌、細菌が洗い流されます。

 

 

 

休むと抵抗力が向上します。

 

 

 

 

そうするとまたバランスが取れ安定します。

 

 

洗浄すると歯肉の中から酒粕の様な粒々が流れ出してきます。

 

 

これを見ると

あ〜これで落ち着いてまた安定するなと感じます。

 

 

抗生剤は何度も服用しないほうがいいし

洗浄も万能ではありません。

 

グラグラするスペースがあるという構造的な問題があるため

元来は歯周病が強いということのなり

中々長期に歯が持つことは難しく

あくまで

対処療法で抜歯までの時間稼ぎにすぎない

ところもあります。

 

 

ただ

グラグラしたから

即抜歯というわけではなく

安定し長期に歯が持っている事例も多いです。

矛盾する様な話ですが

矛盾があるから悩みます。。。

 

くり歯科クリニック