ブログ

むし歯に傾向が見られる場合

往々にしてむし歯の発生に傾向が見られる場合

 

歯の間のむし歯が多いです

 

大人

 

子供

 

に関わらず歯の間にむし歯ができていることが多です

 

例えば右下の奥歯の間にむし歯ができていると

 

右上や左下などの間にむし歯が発生している

 

もしくは

 

むし歯の初期を確認することが多いです

 

試験みたいですが傾向と対策が重要です

 

ある大学に入りたい

 

過去問みたら

 

必ずベクトルが出てる 整数が出てる 数列が出てる

 

なんて傾向が見えます

 

そうしたら

 

ベクトルが

整数が

数列が

 

得意になるように努めるかと思います

 

英語の長文問題が多い

英作が多いとなれば

 

対策も立てやすくなります

 

何で対策するか?

 

受かりたいからです

 

口の中も似ており

 

歯の間にむし歯が集中

 

以前の治療痕が歯の間を含んでるなら

 

それに対応することが大切です

 

なぜ対応するか?

 

むし歯になりたくないからです

 

似てますね

 

歯周病が多い

 

むし歯が多い

 

 

何で?

何で?

 

を考えアプローチすることが重要かと思います

 

歯周病は全体にひどいというより結構ピンポイントだったり

 

むし歯も原因が食生活であれば改善

 

などなど人により必要なことは変わります

 

それを可能な限り早期に確認し対応できれば良いかと思います

 

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック