ブログ

9月18日 新型コロナウイルス感染症による 新たな患者の確認について

参照元  藤沢市役所HP

総数  21人

男性12人 女性9人

60代以上  3人  全体の14.3%

家庭内感染  6人  全体の28.6%

家庭内感染率は減少傾向です

中等症  1人    全体の4.76%%

これはⅠないでしょうかⅡなのでしょうか

SPO2から考えると苦しそうですね

この辺りの数値は

毎日の数値の変動が著しいです

会社勤めと思われる方  8人

全体の38.1%

最近ここの%大きい傾向があり

ざくりで50-60%というところですが

ここ数日はは40%を切り減少傾向が見られます

10歳未満   3人    全体の14.3%

10代    3人    全体の14.3%

20代    3人    全体の14.3%

30代    3人    全体の14.3%

40代    5人    全体の23.8%

50代    1人         全体の14.3%

60代以上  3人    全体の3.13%

昨日多かった10歳未満の割合は激減で

全体的にほぼ均等に感染しているようです

喜ばしいことに総数が少ないので1人が大きな割合を持っており

数人違えば%が大きく増減します

減少していますが

このまま0まで行くのでしょうか?

自然感染率みたいなものがあり

どんなにワクチン打っても

どんなにみんなが感染しても

どんなに当たり前のことになっても

ある一定の自然感染率みたいなものは残るのでしょうか

わかりません

数が少なく話題にも上らないようですが

ごくわずかに夏もインフルエンザはあるよううです

こんな感じになるのでしょうか

藤沢のワクチンは

2回が18万回

1回が23.4万回

総摂取41.5万回

全員が打てば88万回と考えると

とりあえず一回はワクチン摂取した人は

約半分となります

お子さんのワクチンに

ついてはわかりませんが

どの年代階層もさして変わらない

割合です

また新たなワクチンが必要なのでしょうか

陽性率も10%強です

風邪症状があって検査すると

約10%の方が陽性ということ

なのでしょうか

なかなか難しい状況です

鎌倉市 大船 歯科 歯医者

くり歯科クリニック