ブログ

神経とった後にレジン充填

基本的には被せ物になります

神経を取った後は歯が脆くなるので

歯を補強する目的で歯に土台を入れ

被せ物にて歯が折れない様にします。

これが神経を取った後に被せ物にする

理由です。

身近な表現だと差し歯と言われます。

差し歯が長持ちする条件

根があればなんでも差し歯になり

長期安定できるかというとそうでもなく

条件があります。

根だけあってもそこに芯棒をさして

いるだけではなかなか安定せず

根の破折を招きます。

条件とすると歯肉から根が2mm以上

飛び出ていてさらにその厚みが1mm以上

の場合は長持ちします。

この条件を満たせないと長期の安定は

難しいかと思います。

神経を取った後にレジン

神経を取った場合にレジンで詰め物を

することもありますが

この場合は

歯がむし歯で大きく壊れていない

神経を取る際になるべく歯を削らない様に

して可能な限り歯を残します。

歯がたくさん残っていればレジン充填

でかなり持ちます。

レジン充填の利点

これはあくまでこれが目的ではない

ですがレジン充填を行い

再度むし歯が侵入したりして

歯が壊れてしまった場合は

往々にしてレジンが剥がれてくれたり

歯茎の上で折れてくれるので

まだ前述の差し歯の長期安定条件が

充しやすくいきなり抜歯にならずに

済むことも多いです。

ただ、こればっかりは時の運なので

かなずこうなるとは言えませんが

金属製の土台を入れての差し歯の

場合に比べると歯が残る可能性は

飛躍的に上がります。

ご参考までに

他のカテゴリーもどうぞ

レジン充填 ↗

レジン充填についてのブログです。

差し歯 ↗

差し歯についてのブログです。

むし歯↗

むし歯のブログです。

鎌倉市 大船 歯科 歯医者 くり歯科クリニック