ブログ

歯間ブラシの効能

歯茎から血が出ると心配

歯間ブラシを使うと歯肉から血が出る方多いかと思います

原因

    プラーク(歯垢)の磨き残し
    プラーク取り残しによる歯肉の炎症

となります

対処方法

対処方法が原因への対応です。基本的にはプラークをいかにしっかり取り切るかということが重要になります

歯肉からの出血のほとんどが歯と歯の間からの出血になり、ここは歯周病の発生元になります。

ここのプラークコントロールができなければ歯周病はおおろか歯肉からの出血を止めることもできません。

出血を止めるには歯ブラシのみではかなり難しくもし歯間ブラシを使うことがないのであれば

出血を止めることは難しいです

出血の厄介なところは痛くも痒くもなく人によってはこの状態が何年、何十年と続くこともあります

これとは裏腹に早期に歯周病へと移行してしまい骨が溶け始めてしまう方もいます

個々人がどちらに傾くかは分かりません。歯肉の出血状態から歯周病への移行については

原因がわかっていません。

体の免疫機構から考慮すると

    忙しい方
    イライラしやすい方
    寝不足の方
    悩みを抱えたり、心配性の方

などは免疫系が顆粒系が強くなりこれにより早期に骨が溶けてします可能性がありますが

確定的ではありません。

細かいことを気にすることも必要ですが、毎日のプラークコントロールを一生懸命行う

プラークを染め出してプラークを目視してきっちり磨くことが肝要かと思います。

鎌倉市 大船 歯科 歯医者 くり歯科クリニック