ブログ

歯周病+根の化膿

レントゲンで撮ると。。。

根の周囲の骨が溶けている

といことがわかりますが

これが歯周病由来の骨の溶けか

根の可能の溶けか分からないことが

あります。

こんな時どうするかというと

まず根の化膿を治療を行い

待ちます。

待つことで何がわかるか?

根の化膿している範囲がわかります。

これは重要です。

レントゲンで分かるのは骨が溶けている

ということだけです。

この溶けが

歯周病によるものか

根の化膿によるものか

歯周病+根の化膿なのか

レントゲンだけではわかりません。

根の治療をすることで

根の化膿の範囲がわかります。

そうなるとレントゲンで溶けている部分の

根の治療で治りきらない部分が

歯周病となりこの部分は根の治療では

なく歯周病治療が必要となります。

初期の段階では分からないものが

時間をかけるとどこにどの様な治療が

必要となるかが判別できる様になり

無駄な処置が不必要となります。

骨の溶けがきっちり治ることの利点は

歯を支える骨が十分に治るというところに

あります。

この様な処置を行えば治るべきものが

しっかりと治り歯の寿命が長くなり

もしインプラント、入れ歯を検討しても

その際に骨が十分に残り

その後の選択肢が大きく広がり

いいことがお多いです。

ご参考までに。

他のカテゴリーもどうぞ

根の治療

根の治療のブログです。

歯周病↗

歯周病のブログです。