ブログ

本当に痛い時は、、、

本当に痛い時は中々痛みが取れないこともあります

歯が痛いと感じる場合の痛みは

いくつかあります

1、むし歯が神経に及んで神経が痛い

2、根の先端の化膿が動いている

3、歯茎の中に細菌が入る

4、親知らずの周囲の歯肉に細菌が入る

というのが大雑把なところです。

ここで早期に痛みが取れないものは

2、3、4、となります。

共通しているのは膿が関わっている

というところです。

膿が動いている場合とは

急性期と言われ体が戦っている状態です。

この状態は

腫れる、痛みを持つ、熱を持つ

それに伴う機能障害が発生します。

痛い時には難しいですが

黙っていれば体がなんとかしてくれて

自然と治っていきます。

この様な場合は即痛みを取るのは難しい

と思ってもらった方が良いかと思います。

稀にある痛みが取れる場合

痛みが即取れることが難しい場合は

先にご紹介しましたが

時として何とかなることがあります。

前述の2の場合だと

根に穴を開けて中の膿を吐き出すことが

できれば根の化膿部の圧力が減圧され

痛みが大きく減弱することがあります。

この場合は腫れて圧が高まっていることが

痛みの原因なので圧が下がれば痛みは

小さくなります。

腫れて痛いという時に冷やして

楽になるのであれば

それは圧力を高くしている原因が

液体

ガス

であり、これらは温度が 下がると

体積が減少するので圧が下がり

少し楽になります。

3、4の場合も同じで細菌が原因で腫れ

膿ができこれが痛みの原因であれば

痛みは歯肉を切って吐き出すことで

急速に楽になります。

急に楽になるための条件

上記の通りを見ると

重複した内容になりますが

体が細菌戦うにはいくつかのステージが

あります。

そのステージの膿が生成されるステージ

で尚且つ痛みの原因が膿が生成されること

で圧が高まりそれが原因で

その膿を吐き出せる環境があれば

痛みは急減弱します。

ご参考までに

他のカテゴリーもどうぞ

鎌倉市 大船 歯科 歯医者 くり歯科クリニック

根の治療 ↗

根の治療のブログです

歯周病 ↗

歯周病のブログです

歯周病 ↗

歯周病治療のページです