ブログ

換気とCO2マネージャー

CO2 マネージャー

頻回に確認しています

ちょっとした経験ですが

エアコン特に冷房を使用するとCO2濃度は上がります

余談ですが中華屋さんでチャーハンを作るとCO2上がるそうです

CO2は人の密度を客観的に測るものでありますが

その他の要因でも上がります

チャーハンを作ることは密でしょうか?w

あくまで指標ですね

内のCO2マネージャ結構優秀で

奥の自作換気扇をOFFにすると550ppmです

作動させると400ppmです

これきっちりと分かれます

後ろの窓は基本常に開いていますが

開いているだけでは換気は

できません

強制排出が必要です

換気扇をOnにすると自動ドアが唸ります

強風の時のドアの唸り聞いたことありますか?

フォー?

ヒュオー?

なんとも文字にはしにくいですが

多分皆さん聞いたことあります

すごいんですよ

どんな換気扇か気になりませんか?

ご紹介します

これ自作ですw

市販品もAmazonで相当探しましたが

なかなか帯に短かし、襷に、、、です

どうしよう

そうだ!作ろう

押さえるものは密閉です

窓を密封できれば

多分扇風機でもできます

これエビデンスありませんよ

YouTubeでいくつも動画を動画を確認しおそらくで発見しました

実戦して確証を得ましたがw

次に大事な密封があります

それはドアと密封する材料との緊密性です

この辺りを考慮すると

必要材料は

無印良品サーキュレーター大

アクリル版

3Mゴム状テープ

だけです

サーキュレターこれは強い吸引力を発揮してくれます

自作の時は周囲をビニールシートで覆い吸引するところを狭めて圧を高めました

アクリル板については工作が楽というのが選択条件です

サーキュレーターの径に合わせて丸く切り穴を開け

窓の大きさに合わせて切ります

この時重要なのは気持ち窓の径より小さく作ります

そして窓にはめ込むときに

ゴムテープを密着させ窓枠に押し込む

これで密着します

さらに

サーキュレーター周囲にゴムテープを当てアクリル板に押し当てると密着します

これでスイッチOnです

かなり吸いますよw

すごいとしか言いようがない位吸います

通常の換気扇のように煙を吸うかはみかくにんですが

室内の空気を吐き出すには極めて優秀です

でも欠点があります

見た目が悪いw

実益ベースでCO2濃度を下げてくれていますので

これはこれでよしとしていますw

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック