ブログ

子供、よく噛んでいますか?

よく噛んで食べる。基本ですね。

よく噛んで食べることに異論はないかと

思います。

一口20回間でなんてことは聞いたこと

あるかも知れません。

ただ今回は前歯でよく噛んでいるか?

ということです。

要は、食いちぎっているかということです

昨今よく噛むというと

ガム、スルメなんてこと聞くかと思います

違います。

食いちぎることです。

おにぎり

サンドイッチ

骨付きの肉

などなど

ガブって食いついていることが重要です。

やっぱり人間所詮動物ですから

きっちり食事についても野生的な動きが

必要です。

大体の人は奥ではよく噛んでいます。

足らないのは食いちぎりです。

ナイフで切って一口大に

あらかじめ一口大にきられていて

パクっと食べる。

これをよく噛んでみる。

よく噛む噛む十分足りています。

ワイルドに食いちぎることが必要です。

手で食べると基本食いちぎります。

これ大事です。

綺麗にな顔に発達するためにも大事です

歯並びが良くなるためにも大事です。

歯並びはほとんどが前歯がガタ付き

歯並びが悪くなります。

前歯でつまずいて

奥歯で転んで

悪い歯並びになります。

歯並びが綺麗なことは生理的なものです。

この綺麗な歯並びは効率よくものを食べる

のに実に効率的です。

機能美です。

効率的な歯並びはとても綺麗です。

歯は食いちぎって

砕いて

すりつぶして

飲み込みます。

これらが十分機能すると

これらを効率的に行うために歯は

最大限効率的な位置に並びます。

この時歯並びは綺麗になっています。

これは今では育てなければならないもの

となってきています。

昔は自然に育ちましたが

昨今の食生活ではこれは自然に育ちません

なので意識的に育てることが必要です。

細々いましたが

食いちぎって

よく噛まなければならない

ものを食べる様にするといいかと思います

自然に食事していると

食べるとき即奥歯で噛みます。

そこで重要なのはどんなものを食べれば

前歯で食いちぎるのか?

というものを考えて食べてみると

いいかと思います。

行為としてはそんなに難しくは

ありませんが

昨今の食事の中でこれを行おうとすると

一苦労ですが

それでもやってみてください。

人に必要な刺激が加われば

必ず効率的な位置に歯は並びます。

その時の歯並びは綺麗です。

筋肉を使う仕事をしている方の

筋肉は美しいですよね。

別途鍛えなくても必要に迫られて

発達した筋肉、

そこには機能が備わっている

ので美しかと思います。

機能美ってやつです。

歯並びも一緒です。

食いちぎって

砕いて

すりつぶして

これを繰り返していると

機能美、要は綺麗な歯並びになります。

歯列不正は大体機能不足です。

遺伝的先天的なものは少ないです。

ワイルドに食べ続けてみるのも一興です。

身近なところで言うと

乳歯の歯並びがすきっ歯であれば

うまくっていると考えていただいて

良いかと思います。

ただ

乳歯はゴールではありませんがw

中間地点OKということです。

ご参考までに

他のカテゴリーもどうそ

歯並び↗

歯並びについてのブログです。」

小児歯科 ↗

お子さんの歯科治療についてのブログです。