ブログ

大船周囲酒提供店の現状(通勤に見える範囲で)と湧き上がる疑問

緊急事態宣言

まん防

によりお店でのお酒提供ができない状態が続いております

通勤時に見える範囲でのお店を見ると

全部閉まっています

20日までお休みです

という紙を貼ってお店を休みにしています

そんな中新規オープンのお店も見かけます

食事のみの提供を行っているところは見かけません

定食屋 ドーナツ屋、、、

麦わら屋、、、、、これは違いますね

お酒を出さないところは営業しています

ニュースでは罰金?を払ってでも営業すると決めたお店が増えてきているとのことです

お店により様々な事情があり、思いがありなんとも言えないところです

今回のことは違憲だとおっしゃる社長さんもYouTubeで拝見しました

ふと疑問に思ってしまうのが

緊急事態宣言とまん防どういう扱いなのでしょうか?

道義の問題なのか

法律の問題なのか

雰囲気なのか

よくわかりません

不要の外出はダメとのことですが

不要の判断とは?

他人から見れば一見不要に思われることも

本人にとっては極めて重要な場合は多数決なのでしょうか

沢山の人が不要と言えば本人が必要と感じてもダメなのでしょうか?

もしそれが生きがいだったら、、、

道義的に問題があっても法律上問題ないので

行われていることもあるかと思います

法律の盲点をついてなんて言葉は何度も聞いたことがあります

緊急事態宣言と憲法はどちらが優先されるのでしょうか?

ググれば良いのですがしていません

緊急事態宣言とまん防は憲法の中でどのような位置づけなのでしょうか

うろ覚えですが

確か経済活動の自由は認められているかと思います

100人が100人ここでの商売はうまくいかないと思っても

商売を始める本人に意思があり資金があり法律上問題なければ

商売を始めることができると記憶しています

隣のお店が居酒屋さん

その隣に居酒屋さんをオープンする

元々いた隣の居酒屋さんにとっては嫌かもしれません

隣のことを考えると道義的にどうかと思いますが

新規でオープンするのを

止める権利はありません

自由です。

経済活動を行いたい、お酒で商売したいという人は違法なのでしょうか?

私権はどのような条項により制限されているのでしょうか?

緊急事態宣言、まん防、嫌だということは法律違反なのでしょうか?

お願いで始まった時短と記憶しています

お願いは必ず叶えてもらえるのでしょうか?

お願いで思いどおりに進めば人生バラ色ですよねw

お願いを聞かないと罰金もよくわかりません

スピード違反での罰金は分かります

制限速度50Km

70Kmで走れば罰金、減点です

そんなことを考えながら

お願いという表現を使っていても法律的にきっちり決まっていて

言い方はお願いにしてその実、法律なのでしょうか?

よくわかりません

このお願いと個人の自由との兼ね合い、優先具合もわかりません

ググれば良いのですが、、、不精です

もう何十年も前になりますが学生時分

公民の授業でこんなに自由が認められているんだと感じた記憶があります

Aという法律とBという自由がバッティングした場合どちらが優先されるのでしょうか

法律とは難しいと感じることが多いですw

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック