ブログ

レジン充填でいけると思ったら難しく銀歯へ変更

むし歯治療は”基本的に”レジンになります

 

ただ難しい場合があり

 

こんな場合は銀歯になります

 

どんな場合か?

 

防湿ができない場合です

 

レジンは硬化後は

 

唾液に触れようが

コーラに触れようが

熱いお茶に触れようが

 

基本的には問題ありません

 

 

固まる前に唾液に触れてしまうと

 

従分硬化しなかったり

歯にくっつかなかったりします

 

この際ぐっと押さえれば大体問題なくできますが

 

時としてオエっとなってしまうことがあり

 

十分な防湿を得ることができないことがあります

 

こんな場合は銀歯です

 

銀歯は多少唾液があっても綺麗な形を起こすことはできますし

 

入れる際の接着剤もレジン系ではありますが

 

すぐ入れることができるので防湿を行うことは比較的容易に行うこうとができます

 

こんな場合も

 

修復の材料の選択が変わります

 

大船の歯科 歯医者 くり歯科クリニック