ブログ

パッと見てもわからないむし歯

レントゲンを撮って初めて分かることも…

パッと見て問題があるように思えない

場合も心配なので確認のために

レントゲンを撮ってみると

歯の中で広がっているむし歯を発見

できることがあります

このよう場所はよーく見ると

白く白濁していることが多いです。

白濁していない場合もあり

この辺りは非常に難しいです。

むし歯の進行は表面からガバガバ進んでくれれば

見ればすぐわかるのでむし歯の発見は

容易となりますが

むし歯は歯の溝、間から染みいる様に

進んでいきます。

そして歯の表面のエナメル質を貫通し

内部の象牙質に達すると一気に

拡大します

なのでパッと見るだけでは

よく分かりません。

むし歯の侵入口はびっくり小さいのに

内部では大きく時として

症状はないのに神経まで及んでいる

ということも時として起こります。

むし歯が見つかった場合は

お察しの通りむし歯治療になります。

この際の特徴とすると

麻酔が必須になります。

前述の通りむし歯がエナメル質を貫通し

象牙質に到達していますが

エナメル質には神経がほとんどなく

象牙質には神経が通っています。

なので象牙質まで足している

むし歯については麻酔が必須になります。

麻酔をかけ除痛しての処置が必要と

なります。

むし歯を取り切ったら、、、

穴埋めになります。

基本的選択肢については詰め物になります

がこれには条件があります。

“むし歯の大きさが歯肉の上にと留まっている”

ということです。

もし歯肉ギリギリまでのむし歯

最悪歯肉の中までのむし歯であれば

銀歯、色にこだわるならセラミックと

なります。

早期発見のために、、、

肉眼で確認することは大切ですが

初期のむし歯については

前述した

染みいるむし歯については

レントゲン撮影が必要になります。

パシャパシャとる必要はありませんが

1−2年に1回程度全体確認をしておくと

良いかもしれません。

歯の溝から発生したむし歯については

予防仕切ることは難しいですが

歯の間に発生した初期むし歯については

注意深くフッ素を応用していくと

進行を抑制することが

できることもあります。

プラス

定期的メンテナンスが必須になります。

ご参考までに

むし歯 ↗

ブログにてむし歯治療についてご紹介しています。

予防 ↗

ブログにてむし歯予防に限らず歯周病予防にについてもご紹介しています。

むし歯治療↗

むし歯治療についてご紹介しています。

鎌倉市 大船 歯科 歯医者 くり歯科クリニック