ブログ

その日の汚れその日のうちに

汚れは残っていると硬くなります。

汚れ=プラークはその日のうちだと

ブラシが当たれば容易に除去することが

できます。

その汚れも長期に残っていると硬くなり

通常の歯磨きでは

取れなくなってしまいます。

そうなると硬いブラシでゴシゴシ取るか

場合によっては専用の器具や

音波、超音波振動で取ることになります。

硬くなった汚れは専用の汚れ染め出し液

で染めればしっかり目視することが

できますがブラシを当てても

とれません。

こうなる前に毎日しっかりと汚れをとり

毎日全部、完璧に取ることはむずかしので

時々クリーニングをしておくと良いかと

思います。

また、汚れを取るために硬めのブラシを

使えば使えば汚れが取れる事もありますが

硬めのブラシを使い

ゴシゴシ磨いてしまうと汚れは取れても

歯肉が傷ついてしまう事もあり

注意が必要です。

時々のクリーニングの効果を高めるには

力加減や道具、環境を揃えて

クリーニング時に汚れをチェックし

これを繰り返すことで自分の苦手や

磨き残しの傾向が見えそれを改善する事で

より効率的な歯磨きができるように

なります。

毎日

自身で

行うことは結果として一番効果的です。

よろしければ頑張ってみてください。

ご参考までに

他のカテゴリーもどうぞ

予防 ↗

予防についてのブログです。

歯周病 ↗

歯周病についてのブログです。